スケジュール・声試合情報メンバーホームグラウンドラグビー部の歴史ラグビー基礎知識後援会リンク
試合詳細
■ 秋季試合スケジュール
■ 過去の主な戦績
2018ジャパントップチャレンジリーグ1stステージ 第1節
9/9(日) 秩父宮ラグビー場 15:00キックオフ
栗田工業 17−53 NTTドコモ
円陣を組み意思統一

各写真クリックで大サイズの写真が別ウィンドウで開きます。
栗田工業   ドコモ
前半 後半 前半 後半
2 1 T 4 5
1 0 G 2 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
12 5 24 29
17   53
■■ 前半 ■■
 4分 ドコモ トライ・G× 0 − 5  
自陣ゴール前 ペナルティークィックスタートから素早く左に展開され11がトライ
 8分 ドコモ トライ・G○

0 − 12

 
22mライン左 栗田がキックキャッチを失敗したボールを14に拾われ、そのままトライ G成功
 16分 ドコモ トライ・G×

0 − 17

 
自陣15m右 栗田ボールのラインアウトをスティールされ、右に展開8→12→4→13と繋ぎトライ
 21分 栗田 トライ・G○

7 − 17

 
敵陣ゴール前 FW密集戦から中央に7がトライ 10がG成功
 30分 栗田 トライ・G×

12 − 17

 
敵陣ゴール前左 ラインアウトから6がブラインドに持ち出しトライ
 44分 ドコモ トライ・G○

12 − 24

 
自陣22m中央 キックカウンターから大幅にゲインされ、左展開15がトライ G成功
■■ 後半 ■■
 3分 ドコモ トライ・G× 12 − 29  
自陣ゴール前 ラックから9→10と繋ぎそのまま抜け出しトライ
 6分 ドコモ トライ・G○ 12 − 36  
敵陣22m右 ハイパントを10がキャッチ、14にパスが繋がりトライ G成功
 10分 ドコモ トライ・G× 12 − 41  
敵陣22m左 栗田のパスミスを拾われ、12→11→12と繋ぎトライ
 14分 栗田 トライ・G× 17 − 41  
敵陣ゴール前左 ラインアウトモールを押し込み17がトライ
 35分 ドコモ トライ・G× 17 − 46  
自陣22m左 ラックから9ショートパントを11がキャッチしてトライ
 38分 ドコモ トライ・G○ 17 − 53  
ハーフライン右 12がパスダミーで抜け出し、19に繋ぎトライ G成功
大暴れのNo8ワイクリフ パールー
巧みなステップで相手DEFをかわすWTB杉森健太郎
得点 トライ GK PG DG
平井 1       5
藤原 1       5
前田 1       5
タマティ   1     2
合計 3 1 0 0 17
 
■■ 試合コメント ■■
 栗田工業は今年度チーム強化に向けて様々改革(グラウンド移転・新外国人選手の加入・メンタル強化等)に取り組んだ。全ては5年後のトップリーグ昇格するためだ。
 このトップリーグへの挑戦へ、今の力を図るには絶好の相手を2018年度初戦に迎えることができた。NTTドコモレッドハリケーンズ。昨シーズンまでトップリーグに所属し、日本代表やサンウルブス(世界最高峰ラグビーリーグ)で活躍する選手も在籍している。トップリーグを目指す栗田が越えなければいけない敵である。

 前半立ち上がりにドコモのプレッシャーを受け、4、8、16分と立て続けにトライを奪われる。このままドコモペースで試合が進むかと思われた。ここから栗田の反撃が始まる。3トライ後のキックオフで(14)ベンポルトリッジが素早い出足でプレッシャーをかけ、相手のノックオンを誘う。マイボールスクラムからFWがじりじりと前進し、最後は(7)平井伸幸がトライ。

 栗田の反撃は続き、相手ボールラインアウトが乱れ、(8)ワイクリフパールーがボールを奪取。左に展開、空いたスペースに(11)杉森健太郎が走りこみ(10)タマティエリソンが絶妙なパスで大幅にゲイン。このプレーで相手が反則を誘った。その後、ラインアウトを選択し、(6)藤原慎介が見事に相手の想定する逆のスペースをつきトライ。
 このまま栗田ペースに持ち込めるかと思われたが、前半終了間際、不用意なプレーで相手にチャンスを与えてしまい、カウンターからトライを与えてしまった。

 後半立ち上がりも、前半同様にドコモに立て続けにトライを奪われ、スコアを大きく離された。
 一矢報いたい栗田は後半14分、敵陣22mからのラインアウトモールを力強く押し、(17)前田篤志がトライ。しかし、この後、ドコモに立て続けにトライを奪われ、53ー17で敗戦となった。

 (8)ワイクリフ、(10)タマティと新加入選手が躍動し、栗田の選手達は精一杯グランドで体を張り続けたが、ドコモには及ばなかった。トップリーグへの挑戦は生半可な道ではないということが再認識することができた。今日の反省を生かし、これからも挑戦を続けていきたい。

 
安定のスローイングをみせるHO前田篤志
抜群のパスワーク! SH本村旨崇
■■ 栗田工業メンバー ■■
FW
1 金 亨志
2 西山 直孝
3 今村 光希
4 川瀬 大輝
5 ジェイコブ エリソン
6 藤原 慎介
7 平井 伸幸
8 ワイクリフ パールー

BK
9 本村 旨崇
10 タマティ エリソン
11 杉森 健太郎
12 太田 光一
13 中島 拓也
14 ベン ポルトリッジ
15 山崎 真二
 
リザーブ
16 梶原 瑛
17 前田 篤志
18 徳山 孝志
19 アレックス トゥーリス
20 丸山 尚城
21 黒田 寛人
22 菅沼 神兵
23 坂本 英人
■■ 交代・入れ替え ■■
後半 11分 2 西山 → 17 前田
後半 11分 8 パールー → 20 丸山
後半 15分 13 中島 → 22 菅沼
後半 25分 6 藤原 → 19 トゥーリス
後半 25分 11 杉森 → 23 坂本
後半 32分 1 金 → 16 梶原
後半 34分 9 本村 → 21 黒田
後半 36分 3 今村 → 18 徳山
 
 
トップ スケジュール・声 試合情報 メンバー ホームグラウンド ラグビー部の歴史 ラグビー基礎知識 後援会 リンク
Copyright (C) 2003-2018 Kurita Water Industries Ltd. All Right Reserved. 当サイトはリンクフリーですが、掲載情報・画像・動画の許可なき転載を禁じております。
ラグビー部へのお問い合わせ、応援メッセージ等 メールお待ちしています!
t.matsumoto@kce.kurita.co.jpまで。