スケジュール・声試合情報メンバーホームグラウンドラグビー部の歴史ラグビー基礎知識後援会リンク
試合詳細
■ 秋季試合スケジュール
■ 過去の主な戦績
2017 3地域チャレンジマッチ 第1戦
12/16(土) グローバルアリーナ 13:00キックオフ
栗田工業 60−24 JR九州
トライゲッターWTBベンポルトリッジ!

各写真クリックで大サイズの写真が別ウィンドウで開きます。
栗田工業   JR九州
前半 後半 前半 後半
7 2 T 1 3
6 0 G 0 2
0 1 PG 0 0
0 0 DG 0 0
47 13 5 19
60   24
■■ 前半 ■■
 2分 栗田 トライ・G× 5 − 0  
敵陣ゴール前右ラインアウトからモールを押し込み8がトライ
 10分 栗田 トライ・G○

12 − 0

 
敵陣ゴール前中央スクラムから8が持ち出しそのままトライ 9がG成功
 14分 栗田 トライ・G○

19 − 0

 
敵陣ゴール前右スクラムから9→10→14とつなぎトライ 9がG成功
 16分 栗田 トライ・G○

26 − 0

 
キックオフから右へ大きく展開、14ラック形成から9→10キックパス、5→11とつなぎ中央へトライ 9がPG成功
 20分 栗田 トライ・G○

33 − 0

 
敵陣ゴール前右ラックから10→12→13→11とつなぎ左端へトライ 9がPG成功
 25分 JR九州 トライ・G× 33 − 5  
自陣ゴール前右ラインアウトからモール形成し、押し込み2がトライ
 37分 栗田 トライ・G○ 40 − 5  
敵陣22mライン左付スクラムから9→14とつなぎトライ 9がG成功
 43分 栗田 トライ・G○ 47 − 5  
自陣ゴール前から相手ボールを奪い8→13→14とつなぎキックしたボールを自らキャッチし14がトライ 9がG成功
■■ 後半 ■■
 13分 栗田 トライ・G× 52 − 5  
敵陣ゴール前右中間ラックから9→8とつなぎトライ
 24分 栗田 PG○ 55 − 5  
敵陣22m中央付近で10がペナルティーキック成功
 35分 JR九州 トライ・G○ 55 − 12  
自陣ゴール前中央ラックから9→22とつなぎトライ 22がG成功
 38分 栗田 トライ・G×

60 − 12

 
敵陣ゴール前右ラックから22→14→10とつなぎトライ
 40分 JR九州 トライ・G×

60 − 17

 
自陣ゴール前右ラックから9→22とつなぎトライ
 42分 JR九州 トライ・G○

60 − 24

 
自陣ゴール前ラックから9→19とつなぎトライ 22がG成功
FWの核 No.8アッシュパーカー
存在感抜群のSH森洋三郎
得点 トライ GK PG DG
アッシュ 3       15
ベン 3       15
古川 2       10
サム 1   1   8
  6     12
合計 9 6 1 0 60
 
■■ 試合コメント ■■
 トップチャレンジリーグへの昇格をかけた三地域チャレンジマッチの初戦は、トップキュウシュウリーグ1位のJR九州。九州エリアでの公式戦がはじめてのアウェイでの戦いだったが、九州地方の各地から、約250人の大応援団が駆けつけた。応援に応えるためにも『15人ラグビー』でJR九州を圧倒したい。

 キックオフ直後からクリタの強みであるFW・BK一体となった『15人ラグビー』でJR九州陣内に攻め込む。開始2分、ゴール前のモールを押し込み(8)アッシュパーカーが先制トライ(5-0)。アウェイだがクリタに固さは見られない。
 10分、スクラムを押し込み最後は(8)アッシュがトライ(12-0)を奪うと、14分、16分、20分とグラウンドを大きく使った『15人ラグビー』でクリタのバックス陣が連続トライで33-0と大きくリードを奪った。その後JR九州に1トライを返されたが(14)ベンポルトリッジの2連続トライもあり前半を47-5で折り返す。

 後半も前半と同様に圧倒したいクリタだっが、JR九州の粘り強いディフェンスの前でなかなか点差を広げることができない。後半12分、均衡を破ったのは(8)アッシュパーカーだった。ゴール前でボールを貰うとJR九州のディフェンス2人のタックルを引きずりながらトライ(52-5)を奪った。
 連続トライで追加点を狙うクリタだったが、JR九州のディフェンスに阻まれ、35分にはJR九州にトライを奪われてしまう(55-12)。その後38分にクリタがトライを取り返すものの(60-12)、後半ロスタイムの間にJR九州に2トライを奪われ最後は60-24で試合は終了した。

 この試合でも課題は見えた。しかし、九州地方で初の公式戦で『15人ラグビー』で勝ちきれたこと、九州地方の大応援団に勝利をお届けすることができたことは、価値のある一勝だった。
 次週は、2018年トップチャレンジリーグ進出をかけた大阪府警との大事な1戦である。ここまで積み上げてきた『15人ラグビー』の集大成を皆さんに披露し勝利の喜びをお届けすると共に、今シーズンの我々が目標にしてきた【チャレンジリーグ進出】を何としても掴み取りたい。

 
円陣を組み結束力を図るクリタ選手達
250人以上のクリタ応援団 ありがとうございました。
■■ 栗田工業メンバー ■■
FW
1 金 亨志
2 前田 篤志
3 今村 光希
4 中尾 光男
5 Jacob Ellison
6 藤原 慎介
7 平井 伸幸
8 Ash Parker

BK
9 森 洋三郎
10 Sam Norton-Knight
11 古川 賢一
12 中島 拓也
13 水野 拓人
14 Ben Paltridge
15 山崎 真二
 
リザーブ
16 江島 佑太
17 西山 直孝
18 諏訪 弘樹
19 川田 一彰
20 大政 亮
21 太田 光一
22 菅沼 神兵
23 徳山 孝志
■■ 交代・入れ替え ■■
前半 17分 2 前田 → 17 西山
後半 23分 4 中尾 → 18 諏訪
後半 8分 9 森 → 20 大政
後半 13分 12 中島 → 21 太田
後半 24分 15 山崎 → 22 菅沼
後半 24分 7 平井 → 19 川田
後半 30分 1 金 → 16 江島
 
 
トップ スケジュール・声 試合情報 メンバー ホームグラウンド ラグビー部の歴史 ラグビー基礎知識 後援会 リンク
Copyright (C) 2003-2017 Kurita Water Industries Ltd. All Right Reserved. 当サイトはリンクフリーですが、掲載情報・画像・動画の許可なき転載を禁じております。
ラグビー部へのお問い合わせ、応援メッセージ等 メールお待ちしています!
t.matsumoto@kce.kurita.co.jpまで。