スケジュール・声試合情報メンバーホームグラウンドラグビー部の歴史ラグビー基礎知識後援会リンク
試合詳細
■ 秋季試合スケジュール
■ 過去の主な戦績
2017ジャパントップイーストリーグ Div.1 第7節
11/4(土) いわきグリーンフィールド 13:00キックオフ
栗田工業 47−31 秋田ノーザンブレッツ
突破するLOジェイコブ・エリソン

各写真クリックで大サイズの写真が別ウィンドウで開きます。
栗田工業   秋田NB
前半 後半 前半 後半
3 4 T 2 3
3 3 G 1 2
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
21 26 12 19
47   31
■■ 前半 ■■
 10分 栗田 トライ・G○ 7 − 0  
ハーフウェイ右 相手キックカウンターから15→8とつなぎ相手ディフェンスを突破し右中間にトライ 9がG成功
 23分 秋田NB トライ・G×

7 − 5

 
ゴール前左端ラックから14が持ち出しそのままトライ
 25分 栗田 トライ・G○

14 − 5

 
ハーフウェイ左ラインアウトからバックスへ 10→12→15→14とつなぎ右中間にトライ 9がG成功
 31分 栗田 トライ・G○

21 − 5

 
ゴール前中央ラックから9→2とつなぎ中央へトライ 9がG成功
 36分 秋田NB トライ・G○

21 − 12

 
ハーフウェイ15m左ラックから10→13→21とつなぎ中央へトライ 9がG成功
■■ 後半 ■■
 5分 栗田 トライ・G○ 28 − 12  
22m左付近ラックから10→7→9→10→11→6→12とつなぎトライ 9がG成功
 12分 栗田 トライ・G○ 35 − 12  
ゴール前左付近スクラムから8→9→8とつなぎトライ 9がG成功
 21分 栗田 トライ・G○ 42 − 12  
ゴール前左ラインアウトからモールを押し込み8がトライ 10がG成功
 28分 栗田 トライ・G×

47 − 12

 
ゴール前中央付近ラックから8→1とつなぎトライ
 33分 秋田NB トライ・G○

47 − 19

 
ゴール前左ラインアウトからモールを押し込み18がトライ 23がG成功
 37分 秋田NB トライ・G×

47 − 24

 
ラックから9→10→23とつなぎトライ
 40分 秋田NB トライ・G○

47 − 31

 
ゴール前右ラックから16が持ち出しそのままトライ 23がG成功
ゲームコントロールするSH森洋三郎
スピードスターWTBベン・ポルリッジ!
得点 トライ GK PG DG
アッシュ 3       15
ベン 1       5
前田 1       5
中島 1       5
1       5
  5     10
サム   1     2
合計 7 1 0 0 47
 
■■ 試合コメント ■■
 2017年シーズン第7節の相手は、秋田ノーザンブレッツ。試合会場のいわきグリーンフィールド(福島県)には、遠方にも関わらず東北支店の方々をはじめとする応援団約50名に、関東方面からの応援団が加わり、総勢120名を超える大応援団が結成された。

 今シーズン初の地方遠征であるフィフティーンは、前日に福島に入り、試合会場の気候や日差し、風向きや芝のコンディションをチェックして試合に備えた。この3連戦で疲労もピークだが、今シーズンこだわってきた15人ラグビーで秋田NBを圧倒して、クリタの大応援団の声援に応えたい。

 試合開始直後から攻め込むクリタだったが、ハンドリングエラーなどの簡単なミスでトライを取ることができない。
 前半10分、悪い流れを断ち切るビックプレーを(8)アッシュ・パーカーが見せた。地域を挽回する秋田NBのキックを(15)山崎真二がキャッチし、ディフェンスを引きつけて(8)アッシュ・パーカーへパスすると、相手ディフェンスをかわし、タックルにくる相手を弾き飛ばし、最後は相手を抱えながら約40mを走りきって先制トライを奪った(7−0)。

 勢いに乗りたいクリタだったが、ゴールを背にしたラックサイドで一瞬の隙を突かれ簡単にトライを許してしまう(7−5)。リズムに乗ることができないクリタだったが、25分にはバックスの展開から(14)ベン・ポルトリッジが粘る相手ディフェンスを振りほどき、40mを独走しトライ(14−5)。その後、お互いに1本ずつトライを取り前半を終了した(21−12)。

 ハーフタイム中のスコットヘッドコーチの檄もあり後半開始5分、ようやく15人ラグビーでトライを奪った。
 ラックから反対側まで大きく展開し、狭いサイドをFWが崩して、更に崩してBK展開する。まさにFW・BKが一体となり、最後は(12)中島拓也がトライ(28−12)。その後も強みであるFWがトライを奪い(47−12)、相手を圧倒した。
 このままボーナスポイントを獲得してノーサイドを迎えたいクリタだったが、終了間際の7分間は秋田NBの猛攻にあい47−31でノーサイドとなった。

 振り返れば、ディフェンスに課題が残る試合だった。次節東京ガス戦までは2週間ある。目標であるトップチャレンジ昇格のためには必ず勝たなければいけない相手である。
 課題を修正するとともに、これまで取り組んできた15人ラグビーの成果を全て出し切って全勝対決を制してもらいたい。

 
相手を抜きにかかるWTB杉森健太郎!
 
 
■■ 栗田工業メンバー ■■
FW
1 金 亨志
2 前田 篤志
3 今村 光希
4 中尾 光男
5 Jacob Ellison
6 平井 伸幸
7 川田 一彰
8 Ash Parker

BK
9 森 洋三郎
10 Sam Norton-Knight
11 杉森 健太郎
12 中島 拓也
13 水野 拓人
14 Ben Paltridge
15 山崎 真二
 
リザーブ
16 江島 佑太
17 西山 直孝
18 中村 謙吾
19 諏訪 弘樹
20 大政 亮
21 太田 光一
22 菅沼 神兵
23 徳山 孝志
■■ 交代・入れ替え ■■
後半 0分 3 今村 → 18 中村
後半 10分 2 前田 → 17 西山
後半 10分 13 水野 → 21 太田
後半 20分 7 川田 → 19 諏訪
後半 20分 9 森 → 20 大政
後半 25分 15 山崎 → 22 菅沼
後半 30分 1 金 → 16 江島
後半 35分 5 ジェイコブ → 23 徳山
 
 
怪我から復帰したHO前田篤志!
東北支店の皆様応援ありがとうございました。
トップ スケジュール・声 試合情報 メンバー ホームグラウンド ラグビー部の歴史 ラグビー基礎知識 後援会 リンク
Copyright (C) 2003-2017 Kurita Water Industries Ltd. All Right Reserved. 当サイトはリンクフリーですが、掲載情報・画像・動画の許可なき転載を禁じております。
ラグビー部へのお問い合わせ、応援メッセージ等 メールお待ちしています!
t.matsumoto@kce.kurita.co.jpまで。