スケジュール・声試合情報メンバーホームグラウンドラグビー部の歴史ラグビー基礎知識後援会リンク

 
ラグビー部の歴史
 栗田工業ラグビー部は、昭和37年に創部されました。その成り立ちは、昭和35年より体力養成とチームワークの形成を目的として、ラグビーが新入社員教育で取り入れられたことに始まります。その後、記念行事や運動会などでも度々ラグビーが行われ、昭和37年(1962)の創立記念行事では、役員チーム対部長チームという試合が組まれるなど、若手社員だけでなく、全社的な人気スポーツとなりました。このようにラグビー熱が高まり、昭和39年ラグビー部が誕生しました。
 日本代表クラスの実力を持つ選手や大学ラグビーで活躍した有望選手が加入し、昭和39年大阪実業団リーグ初参加で無失点全勝優勝という快挙で、ラグビー部の歴史は幕を開けます。
昭和39年 大阪で活動開始 大阪実業団リーグ 無失点全勝優勝
昭和40年 関西Cリーグ入り
昭和41年 関西Bリーグ入り
昭和42年 関西Aリーグ入り 全国大会ベスト8
昭和43年 ナイター照明完備の伊藤忠花屋敷グラウンドが練習場所となり、夜間練習など戦力アップを図る
昭和47年 全国大会出場 一回戦敗退
昭和48年 全国大会出場 ベスト8
昭和49年 全国大会出場 一回戦敗退
昭和50年 全国大会出場 4大会連続出場するも惜しくも一回戦敗退
昭和53年 東京へ拠点を移動 関東2部リーグ 優勝 関東1部リーグへ昇格全国大会出場 一回戦敗退
昭和54年 関東1部リーグ入り
昭和55年 全国大会出場 一回戦敗退
昭和58年 全国大会出場 ベスト8
昭和59年 ラグビー部OB会発足
昭和60年 10度目の全国大会出場 一回戦敗退
北見市のご支援があり、夏合宿地が菅平から北見になる
昭和62年 厚木市に待望の栗田グラウンドが完成する
平成5年 関東2部リーグに降格
平成10年 リーグ編成が変わり、関東1部Bリーグとなる
平成11年 関東1部Bリーグ 全勝優勝 入れ替え戦に勝利し、関東1部Aリーグ昇格
平成12年 関東1部Aリーグ入り
平成14年 関東1部リーグ優勝 東日本リーグとの入替え戦に敗退し残留
平成15年 トップリーグ結成 トップイーストリーグ10からスタート
トップ スケジュール・声 試合情報 メンバー ホームグラウンド ラグビー部の歴史 ラグビー基礎知識 後援会 リンク
Copyright (C) 2003-2017 Kurita Water Industries Ltd. All Right Reserved. 当サイトはリンクフリーですが、掲載情報・画像・動画の許可なき転載を禁じております。
ラグビー部へのお問い合わせ、応援メッセージ等 メールお待ちしています!
masaru.hata@kurita.co.jpまで。